社員ブログ

2018年3月16日

ホワイトデー前日のワークショップ!春をいっぱいに感じられる箱つくりを目指して~♪

今週に入って急に春めいてきました。
今週はまるでゴールデンウィーク前ぐらいの気温が続いていますので
桜の開花も例年に比べて1週間ほど早い様子・・・
お花見の計画も予定の練り直しかも?!

こんにちは!
バタバタと友人に変更連絡を取っております 商品部 鶴田です。

今月のワークショップは

な・な・なんと

初の平日開催

ホワイトデー前日の3月13日 火曜日に開催されました。

今回の参加者は3名
当日キャンセルなどがありまして少人数での開催となりましたが
職場でお友達の3人組さんの参加でいつもにも増して
わきあいあいの雰囲気に包まれたワークショップとなりましたよ

今回はワークショップで作成しています、かぶせ型の貼り箱の完成までの状況を
ちょっとだけ詳しくご紹介してみたいと思います。


貼り箱を作成するためには生地と呼ばれる厚紙にシール加工された色や模様の
入った紙を貼っていくのですが、やっぱり最初の難関はシール加工された紙の
真ん中に厚紙をあてるところ!

ここがズレてしまうと完成した時の仕上がりが変ってきます。
箱として特に問題はないんですが、人って・・・見た目のいいものが・・・
~★好き★~なんですよー でもでも(笑)

でも、初めての挑戦ではなかなか難しい(TT)
そこで置き易いように真ん中を印してみました。

上記写真のように ここに置いて下さい! と真ん中に四角の切り抜きを
あけてみました

これでおおよそ真ん中に置く事出来ます。
ここで感覚をつかめたら次はどんどん貼れちゃいます!!(かも?)

まずは側面の長い方から倒して貼って

次に横側 耳側~を貼っちゃいます。

厚紙のフチに沿ってシールを曲げていく~と

下のケースが完成!!

次に上に被せるケースを作ります。

今度は真ん中の切り込みが無いので厚紙をあててセンター位置を
確認!

シール上の紙を3分の1ほど剥いで厚紙をあてたら・・・

先程と同じ状態になりました。
後は手順を繰り返して~

完成です!!

ケースの4つ角をきれいに仕上げるなど
慣れないと苦労してしまうところはもちろんありますが
自分で作ったケースはやはりかなり愛着も湧く様子で
この後に作った紙袋も一緒に
『プレセントしてあげたら、明日は喜んでもらえそう~ ♪ 』
のお声も頂けました。

なんと言ってもこの紙袋の中にケースが
ぴたっと!!
収まるサイズになっているんですよね~

まだまだ箱と紙袋でのワークショップは続きますが
毎回季節に合わせたデザインで進めていきますのでお友達や
お知り合いでも参加してみたい方がいらっしゃいましたら是非!
早めに連絡してみて下さい。


次回の開催日は
4月18日 水曜日 10::00~11:30(頃まで)


となっております。

お待ちしております~♪

社員紹介

商品部
鶴田智美

歌とダンスが大好きな商品部の鶴田です。休日は『よさこい』で全国を行脚しています。旅先での人や物との出会いを色々と生かしていければと思っています。

鶴田智美の記事